【レビュー】ウェインテック・トライファイア ~ギミック満載!バットマンの秘密兵器~

未分類

2008年に公開された映画「ダークナイト」公開に合わせて販売されたグッズの一つがこのウェインテック・トライファイアです。

Boomcoで知られるマテルから販売されていたのが面白いですね。ダーツはBoomcoダーツではなく専用品を使います。ナーフとも互換性はなし(使えないことはない)。

実はかなりの人気商品だそうで度々再販されており、パッケージや色が少しずつ違うようですね。リサイクルショプ等で時々出てくるのをみると日本でも持ってる人は意外と多いかも。私が購入したのは簡易パッケージの後期版になります。

まるでカラクリ屋敷?多すぎる搭載ギミック

最大の特徴はその搭載ギミックの多さ。変形、タクティカルライト、LED発光照準、ポップアップスコープ、3種類4銃身の発射機能、ダーツホルダー…てんこ盛り過ぎです。

右(上部)から順番に発光照準器、スコープ、ミサイル、拘束ロケット、3連装砲×2つ、あと隠れてますがタクティカルライトが光っています。

銃口は4つあり、上から順番に発射していきます。ダイヤルがあるので任意のダーツを撃つことも可能。

 

 

LED発光式の照準器

LEDとプラ版を組み合わせた発光式の照準器がついています。機能的には全く意味のないものですが気分はすごく盛り上がりますよね。

手前に見えるのはスコープ。ただの筒ですが…

覗くとこんな感じにレティクルが見えます。嬉しい仕掛けですね。

ただしこういうトイガンの性として「狙った場所に飛ばない」という特徴があります。このトライファイアも同様で光学機器としてはほぼ使えません。

 

 

バレル1 バットマンミサイル

一番上はミサイルを発射するバレルになっています。

ナーフのメガダーツより一回り大きな弾丸です。羽付きで遠距離まで飛ぶかと思いきや空気抵抗にしかならないので飛距離はかなり控えめ。

残念ながら互換性ありそうなナーフのダーツは無し。銃身内の中央ピン?がかなり太いのでメガダーツは刺さりません。

ナーフのサンダーブラストやトライストライクに付属するメガミサイル。羽を取ってスポンジ本体を削れば使えるかも…というレベル。

 

バレル2 ブロウラップ

ワイヤーで繋がった2本のダーツを撃ちだします。相手に絡まることで動きを封じる、いわばノンリーサルウェポン(非殺傷兵器)。…といっても安全のために紐が非常に短くなっており、実際に絡まることはありません。

この2番バレルはナーフのダーツを使うことが出来ます。やや無理に押し込むのでダーツの寿命は短くなるかもしれませんが、2発同時発射の散弾銃となります。

 

 

 

バレル3,4 マルチショット

3本同時発射の散弾銃。使用するダーツはナーフのものとほぼ同じサイズなのでそのまま流用可能。

散弾のように撃ちだせると考えると非常に強力なように思えますが、それほど多くないエアタンクを使って同時に複数発射する…ということで飛距離はかなり控えめ。

 

 

銃身の切り替えは自動・手動方式

上から順番に撃っていくわけですが、実はセレクターがありますので任意のダーツから撃つことが可能となっています。

上から1~4番と付けられた銃身。バレルセレクターを操作することで任意の番号を撃つことが出来るようになっています。発射番号の固定も可能なので例えば3番だけ使用するようなことも。

 

まるでからくり屋敷

実射性能については対象年齢の関係か、非常に低いのが残念ではありますが、色々なギミックが満載ですので弱点を吹き飛ばしてしまうほど楽しいブラスターです。

付属のダーツは別売りされていない貴重なものですが、幸いにもナーフのダーツが使えますので対人戦でも持ち出せるのかな、とは思います。

ナーフではないのでリサイクルショップなんかで捨て値で売られていることもあるそうで、もし近くに店舗があればチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました