【レビュー】サイバーハンター 閃烈爆 ~サイバーパンクな見た目が堪らない?中国製の電動歩槍~

未分類

【レビュー】サイバーハンター 閃烈爆

サイズ 全長80cm  発売年 2014?
初速 m/s 装填数 ×20発
 入手先  絶版  対応弾 エリートダーツ
吸盤ダーツ

サイバーハンター 閃烈爆って?

皆さんはサイバーハンターという中国のアニメーションはご存知でしょうか?

中国でもアニメーションは非常に人気のあるジャンルで、その市場規模は2016年度で1500億元(2.4兆円)/ジェトロ調査にも及んでいます。

そんな中国アニメ業界の中で数年前、ちょっとした注目を集めたのがこの「サイバーハンター」になります。いわゆる電脳世界で特殊能力を持つアバターが活躍するという攻殻機動隊っぽいようなシリーズだそうですね。2014年には300億円規模のフルCGアニメーションを製作するとのニュースが報じられました。

というものの、続報が見かけないので製作中止に?

 

グッズ展開は早かった

本編はともかく、グッズ展開は早かったようで2014年の時点でサイバーハンターを題材にしたソフトダーツガンがジアフォン社から販売されています。それがこのそれがこの峰佳玩具の「サイバーハンター」シリーズになります。

 

出典・引用:峰佳玩具

本編が立ち消えになったあとですが、これらのソフトダーツガンはブランドを切り替えて販売が続けられています。今回紹介するのがまさにそれで、「サイバーハンター」ではなく「ワールドテック・トイ」というブランドとなっています。

パッケージ

パッケージは巨大。発泡スチロールを梱包材に使った、なかなかにゴツい箱に入っています。

 

 

その名も「閃烈爆」

ワールドテック・トイとしての固有商品名がないのでサイバーハンター時代の名前で呼ぶことにしますが、こちらは「閃烈爆」というブラスターとなります。

「閃烈爆」。せんれつばく?シャンリーバオ?と読むんでしょうか。
中二心をくすぐるような名前が良いですね。一部の通販サイトでは「プライムダートブラスター」とも呼ばれているようです。

ダークグレーの骨格に蛍光グリーンのアーマーをまとったような姿で、なんだかサイバーパンクな世界そのもの。どちらかと言えば近年のアニメというよりも00年代っぽい雰囲気を感じるデザインです。

 

全体的にゴツゴツした感じで情報量が非常に多いです。中央部にある透明な部分が弾倉。こちらも巨大ですね。

 

ワールドテック・ウォリアーズのロゴが小さく印刷されています。本体が非常に大きいのでほとんど目立ちません。

アニメっぽい雰囲気の外観

見ての通り、ナーフやバズビー、Boomcoとはまた違う雰囲気のブラスターに仕上がっています。非常に個人的な主観で言えば90年代くらいの日本アニメに出てくるような雰囲気。

ちなみに元ネタ?のサイバーハンター自体が近未来SF(攻殻機動隊っぽい世界観の模様)のようです。似るのも当然かも?

 

ポッポアップ式のサイトもなんだかどこかで見たことあるような感じ。中身は特に何も無い穴ですが、上部のクリアパーツが採光窓の役割を担うことで不思議と明るく見えます。

 

 

なお、閃烈爆のカラーバリエーションは2種類あります。今回購入した蛍光グリーンのものだけではなく、赤と黒バージョンも。こちらは日本アマゾンでも取り扱いがありましたので購入した方はいらっしゃるかもしれませんね。
ただ2022年時点ではほぼ絶版品。所有している方は大事にしてあげてください。

なお、この蛍光グリーンのものは後述しますが「夜光装備」と称される発光機能を有しています。夜光ダーツを使うことで曳光弾のような遊びが出来るというのがセールスポイントでもあります。

 

リチウムバッテリー式

生産時期によるものか、乾電池式とリチウムバッテリー式の2つが混在しています。私が持っているのはリチウムバッテリー式。

スマホ用などのUSB充電器を使うことで簡単に充電が可能です。
もしバッテリーが劣化した場合は適当な電池ボックスをつなぐことで動作するように改造しても良いかもしれませんね。

 

サイズについて

サイズは80cm。20発装填のシリンダーを含めると非常に巨大です。

スイッチ方式のフライホイール式ブラスター

トリガー右上に見えるのがメインスイッチ。ONにするとLEDが点灯し、モーターが回りっぱなしになります。グリップを持ったまま操作可能ですが、出っ張りが少なく滑りやすいので頻回のON,OFFは苦手。

フライホイール式ですので最大回転(最大飛距離)まで約1~2秒のタイムラグがあります。

透明プラ製のシリンダー。装填数は20発。ナーフのダーツがそのまま使用可能です。撃ちながら装填する、いわゆる「継ぎ足し」が容易ですので継戦能力は極めて高いかも。

 

 

スペックなど詳細

初速:m/s 飛距離 m

 

試射

 

対応ダーツ

 

入手方法

生産中止のためか新規での入手はかなり厳しいようです。
海外の通販サイトではまだ在庫があるようですので、代行業者を使って入手するしか無さそう。

 

総評:巨大・高密度。デザインが琴線に触れた方は是非

実は私、このフェンジアのサイバーハンターシリーズの大ファンでして、少しずつですが買い揃えているところです。どれもが独自路線のブラスターで、少なくとも近未来SFとかサイバーパンクな要素が好きな人にはグッと来るようなデザインをしています。

マストドンとの並び。ハリウッドっぽい見た目のナーフとジャパンアニメっぽいサイバーハンターといえるのでしょうか。

特に近年は中国の製造メーカーの技術蓄積は目覚ましいものがあり、それは玩具という分野でも例外ではありません。ソフトダーツガンでもいくつかの中国モデルが知られており、そのうちの一つがこのフェンジア社が販売するサイバーハンターシリーズになります。過去にもいくつか紹介しましたが、どれも独自路線を貫くモデルであっていわゆる「パチモノ」とは全く別次元のブラスターとなっています。

ちなみに公式設定として必殺技があるそうで、閃烈爆は「冲击」という技なのだそう…。意味は衝撃とか強打とか。まさに心に冲击されるブラスターだといえます。

コメント

  1. 匿名 より:

    haloぽいですね

  2. 匿名 より:

    そういえば、銃口部がオレンジじゃないですけど、米国内で売って大丈夫なんですかね?
    赤や緑のわっかがついてるPrimeはまだしも、黒のままのHavoc(聖氷の色替え)とか……。

    • KDWK より:

      そのあたりの基準がややこしいのですが、オレンジの銃口でなくても類似する識別帯か、ひと目で玩具と類推できるような透明または指定された本体色なら良いとかあるようです。例えばBoomcoなんかも銃口部はオレンジではありませんしね。

タイトルとURLをコピーしました