【レビュー】Nストライクエリート ストライフ~特徴が少ないことが”特徴”!?カスタムベースに最適なブラスター~

4.0
ナーフ情報

実銃の世界でもコンパクトなセミ・フルオートの銃は色々な場面で使用されています。ボディガードが持つと言われるMP5なんかは有名ですよね。ナーフでもコンパクトでセミオート式のブラスターがあるのはご存知でしょうか。

Nストライクエリート ストライフ

2013年に発売されたストライフは非常に小型で取り回しの良く、またバレルやストック、アクセサリーがつけられることからカスタムのベースモデルとしても人気です。

発売年:2013年 全長:41cm 重量:300g
電動セミオート マガジン式
バレル・ストック・アクセサリ取付可

 

外観について

オーソドックスなピストル型ブラスター

色々と特徴的なデザインの多いナーフの中でも、珍しく?個性の少ないことが特徴のブラスターがこのストライフです。電池は単三4本使用。

ギミックなど仕掛けはなく、あくまでもダーツの発射を追求したブラスターです。

 

大きさも程よく、ストッケードよりもコンパクトなほど。

 

ストッケードは延長バレルが取り付けられないのでかなり大きな銃身になっています。ストライフは細身ですね。そういった意味でもスッキリとした雰囲気となっています。

上下にアタッチメントレールがあり、サイズ的に干渉しない限りはさまざまなパーツを使うことができます。

 

カスタムベースとして優秀

上でも書きましたが、コンパクトで拡張性が高いためにカスタムベースとして非常に優秀なブラスターだといえます。

リタリエイターの本体と入れ替え。これだけでセミオートライフルになります。フロントグリップを保持したまま連射可能。

良く行われる定番カスタムがこのスナイパーモデルですね。バレル部分をロングストライクにするとセミオートスナイパーライフルが出来上がります。

カスタムと言えばモジュラスもカスタムを売りにしたブラスターです。ストライフはモジュラスECS10よりも小柄なため、アクセサリを流用するとやや押されている感が…。

個人的にはこのターゲティングライトを付けただけが一番好みです。6発マガジンと高さが揃うのが良いですね。

使い勝手など

操作は簡単。ナーフおなじみのダブルトリガー式

引き金の下にあるのがモーターの起動トリガー。マガジンの横にあるのがマガジンリリースレバー。どれも子供でも扱いやすい引きの重さになっています。

 

玩具だけに安全性も。ダーツ取り出し口は電源連動

遊んでいるとダーツが詰まる場合がありますが、ストライフ(に限らずナーフ全般)は簡単に復旧するためのメンテナンスハッチが備えられています。ストライフは本体上面、実銃だと排莢口にあたる部分がそれになります。

こういう狭い場所には子供が指を入れたがるのですが、ナーフは安全のためにハッチをあけるとモーターが静止する、また電源がシャットダウンされる仕組みとなっています。回転するモーターに触れられないよう配慮されているんですね。さすが玩具メーカー。

スペックなど

初速 約17 m/s(国内版)

エリートシリーズの中でも古いモデルになりますので初速・飛距離面では今の水準から考えると凡百かもしれません。カラーバリエーション版としてホワイトやオレンジが登場しておりますので性能を求めるのであればそちらを購入したほうが良いかも。

入手方法

日本で販売されていましたが現在は廃版。ヤフオクやメルカリ等ではそこそこの値段で流通しています。数としては少なめかも。

海外ではオレンジとホワイトが現行販売されています。

2018/7/23時点では海外発送不可ですがホワイトも低価格で売られています。発送先倉庫の関係か、日本への発送可能になる時があるので要チェックです。

総評

軽い・小さい・ちょうどいいブラスター

本体自体の軽さ。そして操作自体の軽さ。このために子供でも軽々と扱えるナーフだといえます。電動セミオートといえば兄弟分のストッケードがありますが、こちらはシリンダーを回転させる構造からトリガーが重く(引っ掛かりがある)、子供にはやや辛いところがありました。

撃ってよし、組み替えて遊んで良しの傑作ブラスターだといえます。ただ難点はすでにエリート色(青)は廃盤で入手しにくいこと…海外でも現行品はオレンジ色となっています。

見つければ是非とも確保してほしいブラスターです。

対応弾・アクセサリ

使用できるのはノーマルダーツのみとなります。エリート2.0ダーツ、もしくは吸盤ダーツが使えます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました